メインメニューを開く

彭 大順(ほう だいじゅん、Peng Dashun、? - 1861年)は、太平天国の指導者の一人。

石達開の部隊に属し、拡天燕に封ぜられた。1857年に石達開が太平天国から離脱するとそれに従い、3年に渡って江西省浙江省福建省湖南省を転戦した。1860年広西省に達したとき、彭大順らは石達開に天京への帰還を提言したが、石達開は聞き入れなかったため、彭大順・吉慶元朱衣点汪海洋らは配下の20万の兵を引き連れて石達開と別れた。彼らは広西省を出発して、湖南省・江西省を経て福建省に入り、汀州連城を占領した。しかし翌年、出発しようとするところに敵襲を受け、彭大順は戦死した。

参考文献編集

  • 羅爾綱『太平天国史』中華書局