後藤 以紀(ごとう もちのり、1905年2月10日 - 1992年2月12日)は、日本の電子工学者。明治大学名誉教授。京都府生まれ。

経歴編集

研究編集

  • 電気・電子工学の専門家として、電気試験所において継電器(リレー)による電気機械式計算機を開発した[1]
  • 猪苗代で昭和初期に電力系統の事故が発生し、そのときの異常振動を不減衰振動と名づけた。
  • 本業の傍ら、財団法人日本心霊科学協会において長年理事を務め、念写の研究を行った。三田光一が行った、当時は知られていなかった月の裏側を念写した写真について、月の裏側の様子がわかった後に念写された写真と比較し、31箇所が一致するとの見解を示し、論文上で、念写は本物であるとした。詳しくは念写の項を参照。

著書編集

顕彰編集

参考文献編集

  1. ^ 情報処理学会 日本のコンピュータパイオニア
先代:
渡辺寧
電気学会会長
第46代:1960年 - 1961年
次代:
大西定彦