メインメニューを開く

渡辺 寧(わたなべ やすし、1896年11月15日 - 1976年11月17日)は、電子工学者茨城県生まれ。

渡辺 寧
生誕 1896年11月15日
死没 (1976-11-17) 1976年11月17日(80歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 電子工学
研究機関 東北大学、逓信省電気試験所、東北大学電気通信研究所静岡大学
出身校 東北帝国大学工学部電気工学科
主な指導学生 中野朝安本田波雄西澤潤一
主な業績 半導体の研究
主な受賞歴 電気通信学会功績賞(1942年)
藍綬褒章(1953年)
恩賜発明賞(1966年)
勲二等旭日重光章(1967年)
科学技術庁長官奨励賞(1970年)
文化功労者(1970年)
勲一等瑞宝章(1976年)
プロジェクト:人物伝

日本における電子工学の先駆者で、日本でのトランジスタ研究の最初期の研究を統括した。他に長距離電話中継用の独自の増幅機や溶接制御用の放電管等を発明する。文化功労者

目次

経歴編集

  • 1896年11月15日茨城県久慈郡久慈町(現日立市久慈町)に生まれる。
  • 1914年 旧制太田中学校(現茨城県立太田第一高等学校)卒業(中10回)。
  • 1921年 東京帝国大学工学部電気工学科卒業。東北帝国大学工学部電気工学科で講師の職を得る。
  • 1922年 同助教授。
  • 1926年 工学博士。論文題目「真空管の入力アドミッタンスの研究」。
  • 1929年 同教授。
  • 1937年 逓信省電気試験所技師兼任となる。
  • 1943年 海軍技師兼任となる。
  • 1944年 海軍技術研究所島田実験所所長兼任となる。
  • 1952年 東北大学電気通信研究所所長。
  • 1956年 東北大学工学部長。
  • 1959年 電気学会会長。
  • 1960年 東北大学を定年退官。静岡大学学長。
  • 1963年 東北大学学長に選出されるが辞退する。
  • 1976年11月17日 死去。

業績編集

一つの線で同時に13局と送信通話のできる電話機や水中電話等を開発した。

著書編集

  • 『空間電荷電導論』高周波科学論叢書、修教社(刊)、1950年。
  • 『半導体とトランシスタ(1)』電子工学講座、オーム社(刊)、1957年。
  • 『半導体とトランシスタ(2)』電子工学講座、オーム社(刊)、1959年。

顕彰編集

資料編集

  • 書籍『学尊先覚-渡辺寧先生追悼録』渡辺寧先生追悼録刊行会(編)、オーム社(刊)、1978年11月17日[1]

関連項目編集

外部リンク編集