メインメニューを開く

御嶽宿

中山道49番目の宿場
歌川広重「木曽街道六十九次・御嶽」
旧御嶽宿中心部
中山道みたけ館

御嶽宿(みたけじゅく)は中山道49番目の宿場(→中山道六十九次)。美濃国可児郡御嵩村[1](現・岐阜県可児郡御嵩町)に存在した。

願興寺の門前町として発達した。中山道制定当初からの宿場。

御嵩宿制札、御嵩宿問屋千木秤は、御嵩町指定重要文化財となっている[2]

概略編集

最寄り駅編集

史跡・みどころ編集

岐阜県内、特に御嵩町内の中山道関連の展示が充実している。入館無料。

伏見宿までの史跡・みどころ

  • 鬼の首塚
鎌倉時代初期、鬼岩の岩窟に住み着いき乱暴狼藉を極めた「の太郎」を、この地の地頭交告源吾盛康の家臣4名が、蟹薬師のお告げによって退治した。しかし、首をへ運ぶ途中、急に首桶が重くなって運べなくなり、やむなくこの地に埋めたという。
  • 顔戸城址
  • 比衣一里塚跡

参考文献編集

隣の宿編集

中山道
細久手宿 - 御嶽宿 - 伏見宿

脚注編集