微絨毛(びじゅうもう、: Microvillus)とは、小腸の内壁に存在する突起である腸絨毛上皮細胞の、更に表面に存在する、極小の突起のこと[要校閲] 。俗に微絨毛自体を柔毛(じゅうもう)、柔突起(じゅうとっき)と呼ぶ場合もある。

概要編集

腸絨毛・微絨毛ともに栄養吸収を助けるために小腸の表面積を増やす仕組みであり、これらによって小腸の表面積は約600倍にも拡大される。微絨毛には毛細血管およびリンパ管が分布しており、ブドウ糖(グルコース)やアミノ酸は毛細血管から、脂肪酸グリセリンはリンパ管より吸収される。

関連項目編集