消化器学(しょうかきがく、: gastroenterology)は、主に内科学の一分野。

元々の語源となっているように「胃腸学(Gastroenterology)」を元として、食道十二指腸小腸大腸等から、肝臓胆嚢膵臓などの「肝臓学(Hepatology)」を含む消化器(digestive)全般を取り扱う分野としている。

外科学分野では消化器外科学が携わる。診療科としては消化器内科と消化器外科が共に消化器センターを設置している施設もある[1]

目次

歴史編集

古代エジプトパピルスには、ファラオの胃腸疾患に関する記述がなされている。古代ギリシャではヒポクラテスガレノス等によってに関して学術されている。

疾患編集

検査編集

消化器学領域で行われる検査は以下の通り。

内視鏡編集

内視鏡検査は、一般に消化器学領域において最も一般的な検査として広く行われている。

超音波検査編集

腹部超音波検査は内臓器の評価として簡便に行うことが出来、病院診療所において広く行われている検査。 消化管を除く臓器を主として検査する。(例外として腸重積イレウスといった一部の消化管疾患を検出できることもある。)

X線造影編集

日本では胃がん検診で胃透視が現在でも多く行われている。
  • 内視鏡を用いるか、あるいは経皮穿刺による膵管造影(ERCP)・胆管造影(ERBD, PTCD)も行われる。

血管造影編集

消化管
虚血性大腸炎上腸間膜動脈血栓症などの検査。難治性出血では塞栓術も行われることがある。
肝臓
肝臓癌では、腫瘍の造影・撮影に引き続き経カテーテル動脈塞栓術(TAE)や腫瘍栄養動脈内への抗癌剤投与(TACE)が行われることがある。
膵臓
膵臓癌では、腫瘍栄養血管が正常組織よりも少なく造影される。

CT編集

消化管を除く消化器(肝臓・胆のう・膵臓)では、しばしば施行される。近年ではCTによる仮想内視鏡も普及しつつある。

悪性腫瘍を疑う場合には基本的に造影CTを行う。特に肝臓癌では早期相・遅延相と各時相での撮影を行う。
以前は三次元再構成ができず、平面的にしか画像診断ができなかった。現在ではコンピュータの性能が良くなった事により、再構成により任意の断面像を合成したり、3D画像を合成したりすることもできるようになっている。

MRI編集

CT同様、消化管を除く消化器ではしばしば施行される。

肝臓癌ではGd-EOB-DTPA-MRIによる造影MRIが現在主流となりつつある。
X線膵管・胆管造影の代わりに、MRCPが検査に用いられることもある。

治療編集

  • 消化器内科
    • 内服薬(H2ブロッカーPPI、ウルソ、フオイパン)
    • 内視鏡的治療(薬剤散布、薬剤注入、クリッピング)
  • 消化器外科

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集