メインメニューを開く

徳川 慶壽(とくがわ よしひさ)は、江戸時代後期の御三卿一橋徳川家の7代当主。

 
徳川慶壽
Tokugawa Yoshihisa (Hitotsubashi).jpg
徳川慶壽像
時代 江戸時代後期
生誕 文政6年3月4日1823年4月14日
死没 弘化4年5月7日1847年6月19日
改名 房之助(幼名)、徳川慶壽
戒名 承休院
官位 従三位左近衛権中将、民部卿、参議、
権中納言
幕府 江戸幕府
氏族 徳川氏田安徳川家一橋徳川家
父母 父:徳川斉匡、母:八木氏、
養父:徳川慶昌
兄弟 剛之丞匡時謙三郎斉位慶壽聰之助郁之助松平慶永慶頼慶臧
伏見宮貞敬親王女・東明宮直子女王
養子:昌丸

文政6年(1823年)3月4日、田安徳川家当主・徳川斉匡の五男として生まれる。官位は従三位左近衛権中将民部卿参議贈権中納言天保9年(1838年5月25日、先代当主・徳川慶昌が死去して明屋敷となっていた一橋徳川家の家督を継承する。同年9月5日元服し、将軍徳川家慶から偏諱を受けて慶壽と名乗り、従三位左近衛権中将に叙される。

天保12年(1841年12月2日伏見宮貞敬親王の娘・直子女王と婚姻する。弘化3年(1846年12月1日参議に任じられた。

弘化4年(1847年)5月7日、25歳で死去した。法号は承休院。嘉永6年(1853年2月10日に権中納言が追贈された。

嗣子がなかったため、尾張藩主・徳川斉荘(元は斉匡の養子で田安家当主、血縁上は慶壽の従兄)の長男・昌丸末期養子として跡を継がせた。

出典編集

  • 『徳川諸家系譜3』