メインメニューを開く

徳川 昌丸(とくがわ まさまる)は、江戸時代御三卿一橋徳川家の8代当主。官位従三位左近衛権中将

 
徳川昌丸
時代 江戸時代後期
生誕 弘化3年1月8日1846年2月3日
死没 弘化4年8月20日1847年9月29日
諡号 馨明院
墓所 増上寺
官位従三位左近衛権中将
幕府 江戸幕府
氏族 徳川氏尾張徳川家一橋徳川家
父母 父:徳川斉荘、母:宮田氏、
養父:徳川慶壽
なし
養子:慶喜
テンプレートを表示

弘化3年(1846年)1月8日、すでに死去していた尾張藩主・徳川斉荘の次男として生まれる。なお、従兄弟にあたる徳川家茂は同じ年、同じく実父死後に出生している。弘化4年(1847年)5月7日に先代当主・徳川慶壽末期養子となり、一橋家の家督を相続した。当時、一橋家の当主になるということは事実上、将軍家世子に継ぐ将軍候補になるということであった。

しかし就任からわずか3ヵ月後の8月20日、2歳で夭折した。法号は馨明院。嘉永元年(1848年4月10日に従三位・左近衛権中将が追贈された。墓地は芝増上寺にある。

当然嗣子がなかったため、没後に水戸藩主・徳川斉昭の七男・慶喜が跡を継いだ。これにより曽祖父・徳川治済の血筋は、一橋家では絶えた。