徳川 虎千代(とくがわ とらちよ)は、11代将軍・徳川家斉の九男。紀州藩主・徳川治宝の養子。

 
徳川虎千代
時代 江戸時代後期
生誕 文化3年2月11日1806年3月30日
死没 文化7年10月2日1810年10月29日
戒名 俊岳院殿英晃常暉大童子
紀州藩
氏族 徳川将軍家紀州徳川家
父母 徳川家斉速成院
徳川治宝
兄弟 清湛院家慶敦之助峰姫斉順
浅姫虎千代、元姫、斉明、文姫、斉荘、盛姫、池田斉衆溶姫、和姫、松平斉民末姫喜代姫斉温松平斉良、永姫、
斉彊松平斉善蜂須賀斉裕松平斉省松平斉宣、泰姫ら26男27女
テンプレートを表示

経歴編集

文化3年(1806年)2月11日、徳川家斉の九男として誕生。生母は速成院(お蝶、曽根重辰の三女)。兄弟姉妹は多数で、成人した同母弟妹に尾張藩主・徳川斉荘長州藩主・毛利斉広正室の和姫がいる。

文化5年(1808年)に家斉の正室広大院の養いとなり、翌年(1809年)12月11日、紀州藩主・徳川治宝の長女である鍇姫(信恭院)と婚約し、治宝の婿養子となったが、文化7年(1810年)10月2日、死去、享年5(満4歳没)。

その後、異母兄・清水斉順が治宝の養子となり、紀州徳川家を継いだ。また、婚約した鍇姫は仙台藩主・伊達斉宗の正室となる。

参考文献編集