メインメニューを開く

徳川 斉明(とくがわ なりのり、文化6年12月5日1810年1月10日) - 文政10年6月10日1827年8月2日))は、江戸幕府11代将軍徳川家斉の十一男。母は家斉側室のお八重の方(皆春院)。12代将軍徳川家慶の異母弟。同母兄弟は池田斉衆松平斉民蜂須賀斉裕幼名は保之丞。正室は一品兵部卿伏見宮貞敬親王の娘、教宮(みちのみや)英子女王。

先代当主の異母兄斉順紀州藩徳川治宝の養嗣子になったため、清水徳川家第4代当主となる。

年譜編集

※日付=旧暦

  • 1816年文化13)12月3日、清水門内館に定住。当主となる。
  • 1820年文政3)6月5日、元服し、父である将軍徳川家斉から偏諱を与えられ斉明と名乗る。従三位左近衛権中将兼式部卿に叙任。3万俵を賜る。10月15日、加増され、10万石となる。
  • 1827年文政10)6月10日、薨去。享年19。法名は寛量院殿正善映嶽大居士

正室編集

教宮英子女王

  • 1808年文化5)6月19日、誕生し、教宮を称する。
  • 1817年(文化14)9月27日、斉明と婚約する。
  • 1821年文政4)9月2日、発京する。9月13日、江戸に到着。9月19日、清水館に入る。
  • 1823年(文政6)2月3日、納采。2月13日、婚姻。 
  • 1827年(文政10)6月10日、夫斉明の薨去に伴い、落飾し、恭真院と号する。
  • 1857年安政4)4月14日、薨去。享年50。