メインメニューを開く

毛利 斉広(もうり なりとう)は、長州藩の第12代藩主。第10代藩主・毛利斉熙の次男で、第11代藩主・毛利斉元の養嗣子[1]。長州藩主としては在職期間が最短の藩主である。

 
毛利斉広
Mōri Naritō.jpg
毛利斉広像(毛利報公会蔵)
時代 江戸時代後期
生誕 文化11年5月16日[1]1814年7月3日
死没 天保7年12月29日1837年2月4日[1]
改名 保三郎[1]幼名) → 崇広[1] → 斉広
戒名 崇文院殿故大官令中大夫羽林次将長防国主天常瑞誠大居士[1]
墓所 東京都港区愛宕青松寺。萩市椿の大照院[1]
官位 従四位下侍従・修理大夫[1]左近衛権少将[1]、大膳大夫[1]
長州藩藩主
父母 父:毛利斉熙[1]、母:池上志津[1]
養父:毛利斉元
兄弟 斉広信順
徳川家斉二十女・貞惇院(和姫[1]
側室:本多氏(勇信院)[2]
実子:都美子毛利敬親正室、浄華院)[2]
養子:敬親
テンプレートを表示

経歴編集

萩城内において、斉熙と側室の池上氏(志津・花ノ井)との間に生まれる[1]。幼名として保三郎、のちに初名の崇広たかひろを名乗る[1]文政5年(1822年)6月、先代藩主・毛利斉元の養嗣子となる[1]。文政13年3月(1830年)、実父・斉熙や養父・斉元と同様、将軍徳川家斉より偏諱を授与され斉広なりとうに改名、従四位下・侍従に叙任し、修理大夫と称する。しかし、天保元年(1830年)に正室の和姫(家斉の娘)が死去する[1]

天保7年(1836年)9月8日に斉元が死去したため、同年12月10日に跡を継ぐが、20日足らず後の12月29日に桜田藩邸において、23歳で死去した[1]

3歳年下の異母弟の毛利信順がいたが、斉元が生前に自身の長男教明を斉広の跡継ぎに立て、斉広の娘都美子(当時数え5歳)と娶わせる意向を残しており、これが江戸加判役毛利房謙より公表されるに及び、老臣の衆議でこれに異議がなかったため、教明(のちの慶親、敬親)が家督を相続した。

文化人としては有能で、林述斎に師事して「与人論」や「世子告文」など多くの書物を残している。

補足編集

  • 前述したように、藩主在職期間が20日足らずと歴代の中でも最短の藩主であるため、このわずかな期間に偏諱を与えられた者はいない(該当者なし)。
  • の2文字目「広」は祖先大江広元にちなんだ毛利氏の通字の一つで、歴代藩主の中でも2代綱広、4代吉広、6代宗広が用いている字でもあり、本来は「ひろ」と読む。斉広自身も最初は崇広たかひろと名乗っていたが、斉広と改名する際に実父・斉熙と同じ読みとなってしまうのを避けるために読みを変更したものと思われる(かつて曽祖父の重就が「就」の読みを「なり」から「たか」に改めた例もある)。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 時山弥八編 1916, p. 123.
  2. ^ a b 時山弥八編 1916, p. 124.

参考文献編集

  •  時山弥八編『国立国会図書館デジタルコレクション 稿本もりのしげり』、1916年。NCID BN04718592
  • 萩市史編纂委員会編『萩市史』第1巻、萩市、1983年6月。全国書誌番号:83049750NCID BN01890860 国立国会図書館デジタルコレクション