メインメニューを開く

徳王稲荷社金刀比羅社(とくおういなりしゃ ことひらしゃ)は、愛知県岡崎市に鎮座する神社。通称、徳王神社(とくおうじんじゃ)とも言う。

徳王稲荷社金刀比羅社
Okazaki-Tokuou-Jinja-1.jpg
金刀比羅社の鳥居
所在地 愛知県岡崎市西中町二丁目1番地
位置 北緯34度57分25.68秒
東経137度10分31.15秒
座標: 北緯34度57分25.68秒 東経137度10分31.15秒
主祭神 宇気比売神、大穴牟遅神
崇徳天皇猿田彦神
社格 九等級、旧村社
創建 永正3年(1507年・徳王稲荷社)
別名 徳王神社
テンプレートを表示
本殿と狛犬

目次

概要編集

岡崎市中心部の西中町に鎮座し、徳王稲荷社と金刀比羅社の2社を合祀している。両社とも1945年岡崎空襲により焼失し、1967年に合祀する形で新たに建立された。

境内には棚があり、毎年4月下旬から5月下旬にかけて「藤まつり」が開かれる。

祭神編集

徳王稲荷社
  • 宇気比売神
金刀比羅社

境内摂社編集

歴史編集

徳王稲荷社は、1507年永正3年)に今川氏親の発願により、稲熊の郷石山の地に稲荷大神が勧請されたのを起源とする。1893年明治26年)1月3日に両町に移転し、同年1月26日に徳王稲荷社に改称された。1920年大正9年)4月12日には村社に列せられ、7月9日に神饌幣帛料供進神社に指定された。1945年昭和20年)7月20日の岡崎空襲により社殿が焼失した。

一方の金刀比羅社は、建保の世(1215年頃)に本間三郎重光の臣伴隼人、北野天神の祠官として奉仕したのが起源とされている。永禄の世(1560年頃)に両町に住む伴孫太郎が徳川家康に弓弦を献じたことにより、弦指屋敷と称せられ、徳川家康も射的のために訪れたとされる。1813年文化9年)10月に伴氏屋敷内に事比羅大神を奉祀、後に中町に移転した。1945年7月20日の岡崎空襲により社殿や藤棚が焼失した。

1967年(昭和42年)4月、徳王稲荷社・金刀比羅社の合祀が決定し、元金刀比羅社境内に新社殿を造営した[1]

祭事編集

  • 1月1日 - 元旦祭
  • 4月11日 - 徳王稲荷社春季大祭
  • 4月下旬~5月上旬 - 藤まつり
  • 7月7日 - 七夕祭
  • 10月10日 - 金刀比羅社秋季大祭
  • 12月23日 - 天長祭
  • 12月31日 - 大祓式、除夜祭

こんぴらさんの藤まつり編集

1945年7月20日岡崎空襲により徳王稲荷社・金刀比羅社の両社殿、棚が全て焼失した。1967年に徳王稲荷社・金刀比羅社の合祀により元金刀比羅社境内に新社殿が造営された。その工事に伴い、境内の片隅に根だけ焼け残り蔓を伸ばしていた径5㎝ほどの藤3株を移植し、棚を設け大切に育てると、奇跡的に往古を偲ばす170㎝を超す長藤が復活した。

毎年4月下旬には「東海道一の長藤」と讃えられる「こんぴらさんの藤まつり」が行われる。 5月上旬までは夜間照明が施される。

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 岡崎いいとこ風景ブログ:徳王稲荷社・金刀比羅社”. 岡崎市都市計画課 (2010年2月9日). 2018年4月21日閲覧。

外部リンク編集