メインメニューを開く

心の戦士」(こころのせんし)は、アンジェラ・アキの2枚目のシングル2006年1月18日エピックレコードジャパンより発売。規格番号ESCL-2770。

心の戦士
アンジェラ・アキシングル
リリース
ジャンル POP
時間
レーベル エピックレコード
プロデュース 松岡モトキ
チャート最高順位
アンジェラ・アキ シングル 年表
HOME
2005年
心の戦士
2006年
Kiss Me Good-Bye
2006年
テンプレートを表示

解説編集

楽曲のキャッチコピーは『あなたが戦っているものは、何ですか?』

中京テレビ『中京テレビニュースプラス1』のエンディングテーマとして起用された。

収録曲編集

  1. 心の戦士
    (作詞・作曲:アンジェラ・アキ 編曲:アンジェラ・アキ / 松岡モトキ
    リリースの半年以上前から2ndシングルの候補曲としてライブでは披露されていた楽曲。デビューから半年経っての音源化となった。
    アルバム『Home』リリースされた後にこの楽曲を使い、青木さやかによるモノマネが某カラオケ番組で披露され、現在でも本人はそのことをネタにしている。最後のサビの部分がレコーディング直前まで「戦い疲れているの?」という歌詞であったが、勇気を持って自分の中の自分を高めると言った趣旨の楽曲であるために、現在の「戦い続けているの?」という歌詞に変更された。また、アンジェラ・アキ本人によると彼女はこの曲を「ここせん」と呼んでいる。
  2. 空はいつも泣いている
    (作詞・作曲:アンジェラ・アキ 編曲:アンジェラ・アキ / 松岡モトキ)
    アルバム『ONE』の「Warning」以来となる3拍子楽曲。タイトル曲とは打って変わってかなり明るい雰囲気の楽曲となっているが、逆に歌詞は絶望感をも孕んでいる。元々は英語詞で描かれていたが、レコーディングの際に日本語に書き直している。
  3. TODAY
    (作詞・作曲:William Patrick Corgan 日本語詞:アンジェラ・アキ 編曲:アンジェラ・アキ / 松岡モトキ)
    スマッシング・パンプキンズ1993年に発表したアルバム『Siamese Dream』収録曲で、1994年にはシングルカットもされた彼らの代表曲のカヴァー。オリジナルはかなりロック色の強い楽曲であるが、この作品ではピアノ弾き語りによる落ち着いたアレンジとなっている。弾き語りは自分の原点として、1曲は必ず入れたいということから自身の敬愛するスマッシング・パンプキンズのこの曲を選んだという。
  4. Eyes On Me -featured in FINAL FANTASY VIII-
    (作詞:染谷和美 作曲:植松伸夫 編曲:松岡モトキ / アンジェラ・アキ)
    フェイ・ウォン1999年に日本でヒットさせた楽曲のカヴァー。次作『Kiss Me Good-Bye』でファイナルファンタジーシリーズの楽曲を担当することから以前にヒットした同曲のカヴァーが収録されることとなった。なお、この作品も「Kiss Me Good-Bye」と同じ植松伸夫による作品である。植松はアンジェラの弾き語りバージョンを聴いて「「Eyes On Me」に、光が射した」と感想を述べたという。なお、部分的にフェイ・ウォンのものとは歌詞が異なっている。