メインメニューを開く

志岐 鎮経(しき しげつね)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将天草五人衆の一角志岐氏16代当主。肥後国志岐城主。志岐麟泉の名で知られる。

 
志岐鎮経
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
改名 鎮経→麟泉(仙)
霊名 ドン・ジョアン
官位 兵部大夫豊前守
主君 大友宗麟龍造寺隆信島津義久豊臣秀吉
氏族 志岐氏
父母 父:志岐重弘
兄弟 鎮経経弘
養子:志岐親弘(親重、諸経)有馬晴純子)

生涯編集

肥後天草諸島志岐城主・志岐重弘の子として誕生。

キリシタン大名でもあり、永禄9年(1566年)にイエズス会士・ルイス・デ・アルメイダを招き布教を許しており、これが天草にキリスト教が広まるきっかけとなった。しかし、鎮経自身は熱心なキリシタンではなく、南蛮貿易の利益を目的としていたため、領内に良港が存在せず利益の少ないことが判明すると棄教し、元亀2年(1571年)には一転してキリシタンを迫害したため、『フロイス日本史』では非難されている。

志岐氏は大友氏の影響下にあったが、天正6年(1578年)に耳川の戦いで大友氏が衰退すると、天正8年(1580年)頃には他の小大名と同じく龍造寺氏の傘下に属した。後に有馬晴信が龍造寺氏から島津氏に寝返ると行動を共にした。豊臣秀吉九州平定では豊臣政権に人質を差し出し、島津氏が降伏すると、志岐氏も秀吉の配下となり領地も安堵された。

当初佐々成政に属したが、成政が肥後国人一揆で責任をとらされ自害した後は、後続として入部した小西行長加藤清正などに服属した。ところが、天正17年(1589年)の行長の宇土城の城普請では命令に服さず、これに他の天草豪族も同調し行長と対立することとなる(天正の天草合戦)。行長は志岐城を落とすべく3千の兵で袋浦(現在の富岡湾)へ進軍するが、麟泉(鎮経)は小西軍が上陸したところに夜襲を仕掛け破った。行長は加藤清正、有馬晴信、大村喜前に助勢を依頼、これにより総勢1万余を相手にすることとなり、志岐城は小西・加藤らの連合軍に打ち破られ敗北。養子・親弘の妻が島津義虎の娘だった縁などから島津氏を頼り、出水へ逃れた。

関連項目編集