メインメニューを開く

忠尋(ちゅうじん、治暦元年(1065年) - 保延4年10月14日1138年11月18日))は、平安時代後期の天台宗の僧。父は源頼平の子の土佐守檜坂忠季、兄弟は貞頼とする。大谷座主とも称される。佐渡国出身。

略歴編集

比叡山長豪覚尋良祐に天台教学を学ぶ。初め洛北の曼殊院に住したが、その後比叡山北谷東陽院に移った[1]1115年永久3年)里坊として東山大谷に十楽院を開創し、1118年元永元年)に権律師、1130年大治5年)に天台座主1137年(保延3年)に大僧正に任じられた。恵心流の天台教学の振興に努め、忠尋の門流は東陽院流と称された。

脚注編集

  1. ^ ただし、南北朝時代の曼殊院の記録では東陽坊(東陽院)の忠尋が曼殊院の初代であると記しており、曼殊院が東陽院の別院として忠尋が創建された可能性もある(大塚紀弘「中世の曼殊院門跡」永村眞 編『中世の門跡と公武権力』(戎光祥出版、2017年) ISBN 978-4-86403-251-3)。