メインメニューを開く

『恋人』(こいびと)は、劇作家梅田晴夫が書いたラジオドラマ『結婚の前夜』を原作として、1951年新東宝で製作された日本映画である。モノクローム作品で、監督は市川崑

恋人
監督 市川崑
脚本 和田夏十、市川崑
製作 青柳信雄
製作総指揮 青山碩
出演者 久慈あさみ池部良
音楽 服部正
撮影 横山實
編集 長田信
製作会社 新東宝昭映プロダクション
配給 新東宝
公開 日本の旗 1951年3月10日
上映時間 70分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 夜来香
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

小田切京子は25歳の独身女性。幼馴染の遠藤誠一という友人がいる。誠一はカメラマンで、小田切家とは家族ぐるみの付き合いがある。小田切家は、外交官の父恵介と母節子、そして京子の三人家族である。父は仕事でイギリスで暮していたことがあり、イギリス風の生活習慣に馴れ親しんでおり、パイプを愛用している。反対に、節子は着物が似合う女性である。

京子は銀行員と婚約中だったが、いよいよ明日、式を挙げることとなり、小田切家はその準備に忙しい。しかし、京子はそんな周囲の雰囲気をよそに、独身時代最後の自由を楽しむために、誠一を誘って銀座に繰り出すことにした。喫茶店や映画館、スケート、ダンスホールと二人は楽しむが、京子は、誠一との楽しい時間を過ごすうちに、結婚に迷いを感じるようになる。

誠一も京子を心から愛していたが、自分の気持ちをどうしても言い出せないまま、最後の夜は更けていった。京子もそんな誠一の気持ちを知り、帰りたがらない。結局、二人は終電にも乗り遅れてしまい。歩いて帰宅することとなった。翌日、周囲の心配をよそに、結婚式は無事に終了。誠一は結婚式の翌日に小田切家を訪問する。恵介と節子は快く誠一を迎え、ご馳走を振舞う。恵介と節子は誠一と京子が相思相愛の仲であったことに気付き、愛し合っていても結ばれない男女交際を嘆きつつ、誠一の多幸を願い、この物語は結ばれる。

スタッフ編集

キャスト編集

補足事項編集

  • 原作は梅田晴夫のラジオドラマ『結婚の前夜』である。この作品は1949年6月23日に、NHKラジオ小劇場で1話完結で放送されたもので、原作は京子と誠一のダンスホールでのやりとりが中心になっている。映画化にあたっては、さまざまな挿話が付け加えられたが、ほぼ原作に忠実な内容と言える。脚本は市川夫妻が手がけているが、小道具にパイプが用いられているところから、パイプ愛好家である梅田が手伝ったものと考えられる。また、ダンスホールの場面では、原作ではシャンソンが歌われたが、映画版ではイギリス民謡のHome, Sweet Home(日本語名:埴生の宿)が英語で歌われた。
  • 映画のタイトルバックの絵画を手がけた池部鈞は、池部良の父である。
  • 劇中、主人公が銀座の映画館で観る映画は「哀愁」である。

DVD編集

  • 『新東宝名画傑作選 恋人』 (バップ) 規格番号:VPBT-15265

参考文献編集

  • ラジオ小劇場脚本選集 第2集 宝文館 1950年

外部リンク編集