恵隠

飛鳥時代の学僧

恵隠(えおん、生没年不詳 )とは飛鳥時代学僧。俗姓は志賀漢人(しがのあやひと)。

経歴編集

近江国滋賀県滋賀郡の漢人で、記録に現れるのは、推古天皇16年(608年)9月、隋使裴世清を送る遣隋使として小野妹子が再任されるが、倭漢福因高向玄理南淵請安らとともに、これに同行し、大陸へ渡っていることである[1]。31年に及ぶ長い滞在ののち、舒明天皇11年(639年)9月、新羅の送使に従ってのちに十師の一人になる恵雲とともに帰国し、入京する[2]。翌年5月、盛大な斎会が開かれ、招請されて無量寿経を講義している[3]

大化の改新時の白雉3年(652年)にも内裏に招かれ、1,000人の沙門(僧侶)の前でふたたび無量寿経を説いている。質問者は十師の一人とされる恵資であった[4]。論議は6日間つづいた、という[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本書紀』巻第二十二、推古天皇16年9月11日条
  2. ^ 『日本書紀』巻第二十三、舒明天皇11年9月条
  3. ^ 『日本書紀』巻第二十三、舒明天皇12年5月5日条
  4. ^ 『日本書紀』巻第二十五、孝徳天皇 白雉3年4月15日条
  5. ^ 『日本書紀』巻第二十五、孝徳天皇 白雉3年4月20日条

参考文献編集