悪童日記』(あくどうにっき、A nagy füzet)は2013年ドイツハンガリー合作のドラマ映画。 原作はハンガリー出身の亡命女性作家アゴタ・クリストフのデビュー作となる1986年発表の同名小説で、映像化は不可能と長年言われ続けてきた作品である[1]

悪童日記
A nagy füzet
監督 ヤーノシュ・サースハンガリー語版
脚本 アンドラーシュ・セケール
ヤーノシュ・サース
原作 アゴタ・クリストフ
悪童日記
製作 シャンドル・ズーツ
パール・シャンドール
出演者 ピロシュカ・モルナールハンガリー語版
ウルリッヒ・マテス
ウルリク・トムセン
音楽 ヨハン・ヨハンソン
撮影 クリスティアン・ベルガー
編集 シルビア・ルセヴ
製作会社 Intuit Pictures
Hunnia Filmstudio
Amour Fou Filmproduktion
Dolce Vita Films
配給 ハンガリーの旗 Budapest Film
ドイツの旗 Piffl Medien
日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 ハンガリーの旗 2013年9月19日
ドイツの旗 2013年11月7日
日本の旗 2014年10月3日
上映時間 111分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
 ハンガリー
言語 ハンガリー語
ドイツ語
製作費 HUF 953,000,000
テンプレートを表示

ストーリー編集

キャスト編集

参考文献編集

  1. ^ 悪童日記”. WOWOW. 2015年8月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集