ヨハン・ヨハンソン

これはアイスランド人の名前です。姓にみえる部分は父称であり、の名前としてのではありません。この記事で取り扱っている人物は、正式には個人名ヨハンで呼ばれます。

ヨハン・ヨハンソンJóhann Jóhannsson、原語の発音:ヨーハン・ヨーハンッソン、1969年9月19日 - 2018年2月9日)は、アイスランド出身の作曲家で鍵盤楽器奏者である。1980年代後半から音楽活動をはじめた。いくつかのバンドに加入しては解散を繰返していたが、テレビや映画、演劇への楽曲提供に活躍の場を見出した。そして、2002年の自身初のアルバム『エングラボルン』は好評をもって迎えられた。1999年から、アイスランド・レイキャビクにある芸術家集団兼レーベル「キッチン・モーターズ」を、キラ・キラやヒルマル・イェンソンと共同で主宰している。自らが、同じく1999年からはじめた4人のオルガン奏者と1人のドラム奏者によるバンド「アパラット・オルガン・カルテット」のリーダーも務めている。2006年、イギリスのレーベル「Touch」から、同じくイギリスの「4AD」に移籍し、アルバム『IBM 1401, A User's Manual』をリリースした。

ヨハン・ヨハンソン
Jóhann Jóhannsson
Jóhann Jóhannsson Analog (cropped).jpg
基本情報
出生名 Jóhann Gunnar Jóhannsson
生誕 (1969-09-19) 1969年9月19日
出身地 アイスランドの旗 アイスランド レイキャヴィーク
死没 (2018-02-09) 2018年2月9日(48歳没)
ドイツの旗 ドイツ ベルリン
職業 作曲家、音楽プロデューサー、音楽ディレクター
担当楽器 ピアノ、オルガン、シンセサイザー
活動期間 1987年 - 2018年
レーベル ドイツ・グラモフォン4AD、Touch、12トナー
共同作業者 アパラット・オルガン・カルテット
Evil Madness
公式サイト johannjohannsson.com

作曲作品の用途は、映画音楽からコンテンポラリー・ダンスとのコラボレーションまで幅広い。そのジャンルも、初期はパンク・ロック、またポストクラシカルエレクトロニカ、と様々である。マックス・リヒターとともにポストクラシカルの代表的アーティストとして紹介されることが多い。

2014年に公開された映画『博士と彼女のセオリー』で使用された楽曲を作曲し、第72回ゴールデングローブ賞作曲賞を受賞した[1]

2018年2月9日にドイツベルリンのアパートで死亡しているのが発見された[2]

フィルモグラフィ編集

※すべてスコアを担当。

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • 『エングラボルン』 - Englabörn (2002年、Touch)
  • Virðulegu Forsetar (2004年、Touch)
  • IBM 1401, A User's Manual (2006年、12 Tónar4AD)
  • 『フォードランディア』 - Fordlandia (2008年、4AD)
  • And in the Endless Pause There Came the Sound of Bees (2009年、12 Tónar、NTOV)
  • End of Summer (2015年、Sonic Pieces) ※Hildur Guðnadóttir、Robert Aiki Aubrey Loweとのコラボレーション
  • 『オルフェ』 - Orphée (2016年、Deutsche Grammophon)[3]

シングル編集

  • The Sun’s Gone Dim And The Sky’s Turned Black (2006年、4AD)

映画スコア・アルバム編集

  • Dís (2004年、12 Tónar)
  • The Miners' Hymns (2011年、12 Tónar)
  • Free The Mind (2012年、NTOV)
  • 『コペンハーゲン・ ドリームス』 - Copenhagen Dreams (2012年、12 Tónar)
  • Prisoners (2013年、WaterTower Music)
  • McCanick by John C. Waller (2014年、Milan Records)
  • I Am Here (2014年、Ash International) ※with B.J. Nilsen
  • The Theory of Everything (2014年、Back Lot Music)
  • Sicario (2015年、Varèse Sarabande)
  • 『メッセージ』 オリジナル・サウンドトラック - Arrival (2016年、Deutsche Grammophon)
  • The Mercy (2018年、Deutsche Grammophon)
  • Mary Magdalene (2018年、Milan Records)
  • Mandy (2018年、Lakeshore/Invada)
  • Last And First Men (2020年、Deutsche Grammophon)

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集