メインメニューを開く

悼公(とうこう、? - 紀元前477年)は、の第16代公。恵公の子。

悼公
第16代公
王朝
在位期間 前490年 - 前477年
都城 雍城
諡号 悼公
生年 不詳
没年 前477年
恵公
陵墓 丘里(景公陵西)

生涯編集

恵公の子として生まれる。

恵公10年(前491年)10月、恵公が薨去したため、後を継いで秦公となった。

悼公2年(前489年)秋、において主君殺しがあり、斉の悼公が即位した。しかし、その4年後(前485年)に悼公も殺され、簡公が即位した。

悼公9年(前482年)夏、が黄池[1]において会盟した際、呉王夫差が晋に代わって盟主となり、覇者となった。

悼公12年(前479年[2]夏、斉で三度主君殺しが起こり、簡公が殺され、平公が立った。この時、簡公を殺した田恒宰相に就任した。

悼公14年(前477年)、薨去し、子の厲共公が立って秦公となった。

脚注編集

  1. ^ 現在の河南省
  2. ^ 『史記』では悼公12年(前479年)であるが、『左伝』では哀公14年(前481年)としている。

参考資料編集