惟宗直宗
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下勘解由次官
主君 陽成天皇光孝天皇
氏族 惟宗朝臣
父母 父:秦文成
兄弟 直宗直本
公方
テンプレートを表示

惟宗 直宗(これむね の なおむね)は、平安時代前期の貴族明法家氏姓のち惟宗朝臣官位従五位下勘解由次官

経歴編集

貞観19年(877年)4月1日の夜間に日食が発生する予測を陰陽寮上奏した際、陽成天皇が各博士に廃朝の是非を問うたところ、直宗は明法博士として、『儀制令』『令義解』『公式令』の内容を勘案すると夜間の日食では廃朝を行うべきでないと解釈できる旨を述べた[1]。同年11月に従五位下に叙せられ、同年12月に弟の直本[2]と共に本貫讃岐国香川郡から平安京の左京六条に移すことを許される[3]

大判事に任ぜられた後、元慶6年(882年内位の従五位下に叙せられ、翌元慶7年12月(884年1月)には直宗を含む秦氏(秦宿禰・秦忌寸・秦公)の男女19人が惟宗朝臣姓に改姓した[4]。元慶8年(884年)勘解由次官。

仁和3年(887年)に発生した阿衡事件に際して、翌仁和4年(887年)になってから、参議橘広相が誤った詔書を作成したことが何の罪に該当するか、明法博士・凡春宗と共に勘申を命ぜられ[5]流罪に相当する旨を上申している。

官歴編集

日本三代実録』による。

系譜編集

系譜は諸書に異同があり明らかではない。以下は『惟宗系図』(東大史料編纂所蔵)による。

  • 父:秦文成
  • 母:不詳
  • 妻:不詳

脚注編集

  1. ^ 『日本三代実録』貞観19年4月1日条
  2. ^ 直本と直宗の関係を従兄弟とする系図もある(『惟宗系図』(東大史料編纂所蔵)。
  3. ^ 『日本三代実録』元慶元年12月25日条
  4. ^ 『日本三代実録』元慶7年12月25日条
  5. ^ 日本紀略』仁和4年11月13日条

参考文献編集