愛の決断』(あいのけつだん、原題:英語: The Valley of Decision)は、1945年に製作・公開されたアメリカ映画である。ピッツバーグを舞台としたマーシャ・ダヴェンポートの長編小説『決断の谷』の映画化であり、テイ・ガーネットが監督、グリア・ガースンと新進のグレゴリー・ペックが主演した。

愛の決断
The Valley of Decision
Garson Peck 1945.jpg
グリア・ガースン(左)とグレゴリー・ペック
監督 テイ・ガーネット
脚本 ソニア・レヴィン
ジョン・ミーハン
原作 マーシャ・ダヴェンポート
『決断の谷』
製作 エドウィン・H・ノッフ
出演者 グリア・ガースン
グレゴリー・ペック
音楽 ハーバート・ストサート
撮影 ジョセフ・ルッテンバーグ
編集 ブランチ・シューエル
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1945年5月3日(ニューヨーク、ワールドプレミア)
日本の旗 1953年10月8日(大阪)[1]
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2,165,000ドル[2]
配給収入 4,566,000ドル(北米)
3,530,000ドル(海外)[2]
テンプレートを表示

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督:テイ・ガーネット
  • 製作:エドウィン・H・ノッフ
  • 脚本:ソニア・レヴィン、ジョン・ミーハン
  • 音楽:ハーバート・ストサート
  • 撮影:ジョセフ・ルッテンバーグ
  • 編集:ブランチ・シューエル
  • 美術:セドリック・ギボンズ、ポール・グロッセ
  • 装置:エドウィン・B・ウィリス
  • 衣裳:アイリーン、マリオン・ハーウッド・キース
  • 録音:ダグラス・シアラー

アカデミー賞ノミネーション編集

脚注編集

  1. ^ キネマ旬報』1953年11月1日号
  2. ^ a b The Eddie Mannix Ledger, Los Angeles: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study .

外部リンク編集