メインメニューを開く

愛宕 通英(おたぎ みちふさ、1900年 - 1974年1月)は、日本の光学兵器設計者カメラ設計者。

経歴編集

東京帝国大学(現東京大学)工学部出身で1926年から陸軍航空本部にて射撃照準器、爆撃照準器の研究に当たった。1933年東京光学(現トプコン)に入社し光学兵器設計製造に加えカメラ設計に従事した。第二次世界大戦後はカメラ設計とともにその指導に当たった。退社後銀友光機研究所を設立、国産カメラのレベル向上に努めた。

設計したカメラには東京光学の製品が多く、ミニヨン、ミニヨン35、プリモフレックス等がある。

著書編集

  • 『爆撃照準具概論』新光社、1934年
  • 『カメラの機構とレンズ』双芸社写真文庫、1952年
  • 『写真アクセサリー読本』光画荘、1958年
  • 『カメラとレンズの事典』日本カメラ社、1961年
  • 『日本写真史年表 1778-1975.9』亀井武小沢健志と共著、日本写真協会編、講談社、1976年

参考文献編集

  • 『クラシックカメラ専科No.4、名機の系譜』朝日ソノラマ

関連項目編集

外部リンク編集