メインメニューを開く

愛智 義成源 義成(あいち よしなり/みなもと の よしなり)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将源義円の長男。

 
愛智 義成
時代 平安時代 - 鎌倉時代初期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 従五位下、蔵人下総
氏族 河内源氏愛智氏
父母 父:義円、母:慶範禅師の娘
源則親の娘など
範成豪暁(愛智禅師)、義保

外祖父の慶範は尾張国愛智郡(現在の愛知県愛知郡)の郡司であったとされる。この縁により、父義円が墨俣川の戦いで戦死した後は同地において養育され、長じた後は愛智蔵人を名乗り愛智氏の祖となったという。

子孫は数代に渡って尾張の豪族として存続、義円の兄全成後裔の阿野氏とも交流があり、少なくとも南北朝期までは続いていたことを『尊卑分脈』などで確認することができる。それ以降の尾張においても愛智姓(拾阿弥など)は散見されるが、系譜上の関連性は不明である。