メインメニューを開く

愛甲 兼達(あいこう かねさと、文久2年11月19日[1]1863年1月8日) - 昭和3年(1928年10月17日)は、明治から大正実業家

目次

経歴・人物編集

薩摩藩津曲伝助の長男として鹿児島加治屋町に生まれ[1]、のち愛甲家の養子となる[2]鹿児島銀行の前身である勤倹貯蓄銀行や鹿児島電気軌道日本水電などの取締役のほかに十五銀行の頭取を歴任した[3]

親族編集

  • 養子:愛甲勇吉(薩摩藩士・山本盛正の弟、テイの夫、東京地下鉄道取締役などを歴任)[2]
  • 養子:愛甲テイ(薩摩藩士・樺山正長の娘、勇吉の妻)[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『人事興信録』第4版、あ22頁
  2. ^ a b c 『人事興信録』第8版、ア34頁
  3. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『愛甲兼達』 - コトバンク

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録』第4版、人事興信所、1915年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第8版、人事興信所、1928年。