慶 紀逸(けい きいつ、元禄8年(1695年) - 宝暦12年5月8日1762年6月29日))は、江戸時代中期の俳人。本名は椎名件人(しいな かずひと)、通称は兵蔵、土佐。別号に自在庵、四時庵、硯田舎、倚柱子、自生庵、短長斎、十明庵。出身は江戸

立羽不角三田白峰稲津祇空俳諧を学び、寛延3年(1750年)に句集『武玉川(むたまがわ)』初編を刊行、ついで『燕都枝折(えどのしおり)』を出した。軽妙洒脱な句風でのちの川柳勃興のさきがけとなった。

他の句集に『雑話抄』、『黄昏日記』、『吾妻舞』などがある。