メインメニューを開く

懐節蕭皇后(かいせつしょうこうごう、? - 951年)は、契丹)の世宗皇后。小字は撒葛只。

懐節蕭皇后
契丹)の皇后
在位 950年 - 951年

別称 孝烈皇后
死去 951年
配偶者 世宗
子女 景宗
父親 蕭阿古只
テンプレートを表示

経歴編集

述律皇后(世宗の祖母)の弟・蕭阿古只の娘として生まれた。世宗が永康王となると、妃として迎えられ、景宗を生んだ。天禄4年(950年)、皇后に立てられた。天禄5年(951年)秋、萌古公主を生んだ。産褥にあって、耶律察割が乱を起こし、皇太后(柔貞蕭皇后)、世宗と甄皇后を殺害した。蕭皇后は歩輦に乗って、察割のもとを訪れ、遺体を収容してを行なうよう願い出た。翌日、蕭皇后も殺害された。孝烈皇后とされた。重熙21年(1052年)、懐節皇后と改諡された。

伝記資料編集