メインメニューを開く

甄皇后(しんこうごう、907年 - 951年)は、(契丹)の世宗皇后

経歴編集

容姿が美しく、はじめ後唐の宮人となった。世宗が太宗に従って南征して彼女を得ると、寵愛することはなはだ厚く、寧王耶律只没を生んだ。世宗が即位すると、皇后に立てられた。

宮廷の統制にはきまりを重んじて、私情をはさむことがなかった。軍事や国事についても助言したが、世宗に用いられることはなかった。951年耶律察割が乱を起こすと、皇后は世宗とともに殺害された。景宗が即位すると、皇后の遺体は懐節蕭皇后とともに医巫閭山に葬られ、陵寝の側に廟が建てられた。

伝記資料編集