戦いの鐘は高らかに

戦いの鐘は高らかに』(Les Aventures de Till l'Espiègle)は、1956年に公開されたフランス東ドイツの共同制作による映画[1]シャルル・ド・コステル英語版による1867年の小説『オイレンシュピーゲルとゴードザクの伝説と冒険英語版』を基に、伝説の奇人ティル・オイレンシュピーゲルを描く。ジェラール・フィリップが監督、主演、脚本を務めた。共同監督はヨリス・イヴェンス

戦いの鐘は高らかに
Les Aventures de Till l'Espiègle
監督 ヨリス・イヴェンス
ジェラール・フィリップ
脚本 ルネ・バルジャヴェル
ジェラール・フィリップ
原作 シャルル・ド・コステル
製作 リチャード・ブラント
ジョルジュ・ダンシジェール
製作総指揮 ピエール・メイラット
出演者 ジェラール・フィリップ
音楽 ジョルジュ・オーリック
撮影 クリスチャン・マトラ
編集 クロード・ニコル
配給 Les Films Ariane
公開 フランスの旗 1956年11月7日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 102分
製作国 フランスの旗 フランス
東ドイツの旗 東ドイツ
言語 フランス語
テンプレートを表示

1998年NHK衛星第2テレビジョンで放送された際の題は、『ティル・オイレンシュピーゲルの冒険[2]

ストーリー編集

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(放送日1967年6月17日 KTV 24:20- 他)

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ (de) Dagmar Schittly, Zwischen Regie und Regime, Ch. Links Verlag,‎ 2002, 92 p. (ISBN 978-3-86153-262-0, lire en ligne)
  2. ^ 衛星映画劇場「ティル・オイレンシュピーゲルの冒険」”. NHKクロニクル. 2022年3月9日閲覧。

外部リンク編集