メインメニューを開く

戦争柄(せんそうがら)は、戦争の情景を図案化した着物である。日清戦争期の1894年から第二次世界大戦期の1942年までの約50年間に日本で作られた。

画像外部リンク
子供の姿で描かれた「戦争柄」の兵士たち東海大学国際文化学部ニュースより)

様式は時期によって三種類に分けることができる。まず日清戦争期(1894-95年)は浮世絵の絵柄で、写真報道がまだなかったために空想的な図案が描かれた。次の日露戦争期(1904-05年)は写真報道の影響を受け、また絵葉書が流行っていたことから絵葉書風の図案や、パリ万博(1900年)の影響を受けアール・ヌーヴォー風の図案が作られた。大正期以降は童画が流行したことを背景に、兵士が頭の大きな子供の姿で描かれ、また戦車高射砲などの兵器が非常に写実的に描かれるようになる。

戦争柄の着物は女物は少なく、ほとんどが男児と成人男性用のものであった。政府のプロパガンダなどではなく、庶民間での流行として広まっていたものと見られている。

参考文献編集

研究文献編集

  • 乾淑子 『図説 着物柄にみる戦争』 インパクト出版会、2007年

外部リンク編集