メインメニューを開く

戸川 安風(とがわ やすかぜ)は、備中庭瀬藩の第4代藩主。第3代藩主・戸川安宣の長男。

 
戸川 安風
時代 江戸時代前期
生誕 寛文11年(1671年
死没 延宝7年11月2日1679年12月4日
戒名 天心院殿恵性玄通大童子
墓所 東京都目黒区中目黒の永隆寺
幕府 江戸幕府
備中庭瀬藩
氏族 戸川氏
父母 父:戸川安宣
兄弟 安風達富

延宝2年末(1674年始め)に父が死去したため、翌年3月23日に家督を継いだ。このとき、弟の達富に1000石を分与したため、2万石を領することとなる。しかし延宝7年(1679年)にわずか9歳で死去した。当然、嗣子がいるわけがなく、戸川家は無嗣断絶で改易となったが、その名跡は達富が5000石に加増されることで存続を許された。

先代:
戸川安宣
戸川氏第5代当主
1675年 - 1679年
次代:
戸川達富