戸沢 光盛(とざわ みつもり)は、安土桃山時代大名戸沢氏の第19代当主[1]出羽角館城主。

 
戸沢 光盛
Tozawa Mitsumori.jpg
『戸沢家歴代肖像』
時代 安土桃山時代
生誕 天正4年(1576年[1]
または天正5年(1577年8月とも[2]
死没 天正20年3月15日1592年4月26日[1]
または4月15日5月26日[2]5月15日6月24日[3]
別名 平九郎[1][4]
戒名 月山心公大居士[3]
主君 豊臣秀吉
氏族 桓武平氏戸沢氏
父母 父:戸沢道盛、母:本堂親条の娘[2]
兄弟 戸沢盛重戸沢盛安戸沢光盛
正室:大森御前楢岡光清の娘、光信の妹)
実子なし[5]。養子:戸沢政盛
テンプレートを表示

生涯編集

天正4年(1576年)、第16代当主・戸沢道盛の子として角館城で生まれる。

天正18年(1590年)、兄で第18代当主の戸沢盛安が早世し、その実子である戸沢政盛も幼少だったため、家督を継いで第19代当主となる[4][1]豊臣秀吉奥州仕置では領地を安堵され、「出羽国仙北之内北浦郡御検地目録帳」では4万4350石余の所領を安堵されている[4]

天正20年(1592年)、豊臣秀吉による文禄の役が始まると、それに参加して肥前名護屋城に向かったが、その途上で発病し、3月15日(または5月15日[3])に播磨国姫路において死去した[1][5]。享年17[1](4月15日に明石で死去、享年16とする説もある[2])。伝承によれば、播磨国塩屋(現・兵庫県神戸市垂水区塩屋町)にて疱瘡で死去し[5]、塩屋の海岸にて荼毘に付され、禅昌寺(神戸市須磨区)に埋葬されたといわれる。また、その墓である五輪塔は、疱瘡除けとして信仰された[6]

跡を甥の政盛が継いだ[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 阿部 & 西村 1990, p. 544.
  2. ^ a b c d 嶺 1925, p. 10, 「戸沢年譜」
  3. ^ a b c 田口 1918, p. 45
  4. ^ a b c 大友 2006, p. 11.
  5. ^ a b c 大友 2006, p. 12.
  6. ^ 『神戸名勝案内記』(明治30年)付録p2、『西攝大観』(明治44年)下巻 武庫郡之部p22、神戸又新日報『カウベ新風土記』(昭和9年5月6日)。

参考文献編集

  • 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』(コンパクト版) 新人物往来社、1990年9月。ISBN 4-404-01752-9 
  • 鍋島直身『神戸名勝案内記』日東館書林、1897年4月14日。
  • 仲彦三郎『西攝大観』明輝社、1911年。
  • 太田睦郎『カウベ新風土記』神戸又新日報、1934年5月6日。
  • 大友義助 『新庄藩』 現代書館〈シリーズ藩物語〉、2006年8月。ISBN 4-7684-7105-6 
  • 嶺金太郎 『最上郡史料叢書』 葛麓社、1925年。 
  • 田口五左衛門 『新庄古老覚書』 戸沢家、1918年。 

関連項目編集