西村圭子

日本の歴史学者

西村 圭子(にしむら けいこ、昭和6年(1931年) - 平成13年(2001年10月18日[1])は、日本の歴史学者日本女子大学名誉教授。

経歴・人物編集

福岡県に生まれる[2]日本女子大学文学部史学科卒、東京教育大学大学院博士課程単位取得満期退学[2]。文学博士[2]共立女子高等学校教諭、日本女子大学助教授、同大学教授を経て平成11年(1999年)名誉教授となった。

著書編集

  • 『近世長崎貿易と海運制度の展開』(文献出版、1998年)
  • 『女性群像』(新人物往来社、 1999年)

共編編集

  • 『戦国人名事典』阿部猛共編 (新人物往来社、1987年)

記念論文集編集

  • 『日本近世国家の諸相』編 (東京堂出版、1999年)
  • 『日本近世国家の諸相 2』西村圭子先生追悼論集編集委員会編 (東京堂出版、2002年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 西村圭子 - 日本女子大名誉教授 日本近世史 福岡市 | 死去ネット
  2. ^ a b c 阿部猛・西村圭子編『戦国人名事典』新人物往来社(1987)、編者プロフィール