メインメニューを開く

戸沢 正勝(とざわ まさよし)は、出羽新庄藩の第4代藩主。

 
戸沢 正勝
時代 江戸時代中期
生誕 享保4年(1719年
死没 延享2年8月14日1745年9月9日
改名 六三郎(幼名)→正勝
戒名 威箭院重山両透
墓所 東京都港区三田の常林寺瑞雲院
官位 従五位下、下野守、上総
幕府 江戸幕府
出羽国新庄藩
氏族 戸沢氏
父母 父:戸沢正庸
兄弟 お虎、正賀正勝正諶庸祝正備正愛、はん、せの
正室:大久保忠胤の養女安藤信尹の娘)
養子:正諶

生涯編集

享保4年(1719年)(異説として享保7年(1722年5月3日)、第3代藩主・正庸の三男として新庄で生まれる。父の養子だった正成が死去したため、享保19年(1734年)12月に世子に指名され、享保20年(1735年)12月に従五位下、下野守に叙任する。元文2年(1737年12月6日、父の隠居により家督を継ぎ、上総介に遷任する。この時、弟の正諶に7000石を分与している。

延享2年(1745年)8月14日に死去した。享年27。子が無く、正諶が養子として跡を継いだ。