戸田 忠如(とだ ただゆき、宝暦元年(1751年) - 明和8年9月2日1771年10月9日))は、下野足利藩の嫡子。第4代藩主・戸田忠言の長男として生まれる。母は毛利高慶の娘。官位は従五位下、大隅守。

足利藩嫡子として生まれ、明和5年(1768年)に将軍徳川家治に拝謁する。翌年叙任するが、明和8年(1771年)に早世した。代わって、弟の忠喬が嫡子となった。