打越スペクター (うちこしスペクター) とは、1970年に設立された日本暴走族グループ[1]

打越スペクター
設立1970年
設立場所東京都八王子市
活動期間1970年 - 現在(不明)
活動範囲関東地方

概要編集

1970年に、国士舘高等学校に通う不良少年が中心になり設立された暴走族「スペクター」の支部の中で、八王子市打越町の不良が中心となって結成された打越スペクターは、関東最大の暴走族グループとして恐れられていた。関東連合とは敵対関係にあり、打越スペクターは「反関東連合」を掲げていた暴走族やチーマーグループと共に、関東連合と抗争を繰り返していた。

2000年に入ってから打越スペクターのOBグループはマフィア化し、数々の凶悪犯罪を繰り返した。その結果、OBグループは2014年警視庁により準暴力団に指定された。また、OBグループはオレオレ詐欺や、暴力団構成員、不良グループメンバーなどを誘拐して身代金を要求するなどの方法で資金を集めている。リーダーの逮捕や、準暴力団に指定られ締め付けが強化された影響で、打越スペクターは現在、壊滅状態にあると言われている。

事件編集

  • 2008年3月に発生した、金属バットで男性が殺害された事件の犯人が、打越スペクターOBだと言われている[誰によって?]
  • 2011年10月に発覚した、埼玉県本庄市死体遺棄事件の主犯格として2015年1月にOBメンバーが逮捕される。
  • 2016年3月に山口組系暴力団「一蓮会」の構成員数名と、打越スペクターOBの間で乱闘事件が発生し、打越スペクターOBのメンバーが逮捕される。
  • 2016年6月に八王子市内でラーメン店を経営する男性に対して、みかじめ料を請求したとしてOBメンバーが逮捕される。

脚注編集

  1. ^ 青少年の教育又は育成に携わる方へ〜青少年を暴力団から守るため〜”. 都民安全推進部. 東京都庁. 2022年9月13日閲覧。 “都内では、関東連合OBグループ・大田連合OBグループ・打越スペクターOBグループ・怒羅権と称される4つのグループが活動しています。”

関連項目編集