投影法

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

投影法(とうえいほう)とは、もともとは「をあててを映し出す」方法のことだが、ラテン語から来た用語(例えば英語: projection)で、「原義:前に投げ出す」の訳語として用いられ、“projection”の多義にしたがって、意味が広がった。

関連語編集