メインメニューを開く

持碁(じご)は囲碁用語の一つ。囲碁の対局で互いのが同じになり引き分けになること。「ジゴ」とカタカナで表記されることが多い。

元々『玄玄碁経』の「囲碁三十二字釈義」では「」とはセキのこととされ、ジゴには「芇(べん、くさかんむりに巾)」の字を当てており、『通玄集』にも「勝負なきを芇と云う」とあるが、歌合せにおける引き分けを「持」というのに倣って「持碁」の字を当てるようになった[1]

かつてコミが導入された初期には5目コミ出し、ただし持碁の場合は白の勝ちとするルールも採用された。現在の互先対局のように、6目半や7目半といった半目単位のあるコミを付ける場合には、持碁はあり得なくなる[2]。コミのない置き碁定先の対局でも、トーナメントリーグ戦などの都合で勝敗をつけなければならない場合には、持碁は白勝ち、ないし黒勝ちといったルールを決めて行われる[3]

なお、長生の出現などによる引き分けは「無勝負」と扱われ、「ジゴ」とは称されない。

編集

  1. ^ 林元美『爛柯堂棋話』
  2. ^ 「半目」自体がジゴをなくすために便宜的に設けられたものである。「新・早わかり用語小事典」日本棋院、P83
  3. ^ 例 : 第1期名人戦[1]。なお、ジゴ勝ちは正規の勝ちに劣るとされそれが名人位の帰趨を決した。

関連項目編集

  • 持将棋 - 将棋における引き分けの一つ。入玉を参照。