指頭術(しとうじゅつ)とは、室町時代坂上太郎国重が創始した徒手武術である。

坂上太郎国重の流派は玉虎流指頭術である。

指頭術には、指一本でも敵を倒せるという意味合いも含まれる。

関連項目編集

外部リンク編集