掛物

床の間や壁などにかけるように作った書や画

掛物(かけもの)とは、、床の間や壁などにかけるように作った書や画、などに掛けて鑑賞するものである。掛軸は掛物の一種である。

Murotsu Museum of Folklore08s5s4272.jpg

掛物の種類編集

仏画、肉筆浮世絵山水画花鳥画墨蹟古筆色紙短冊画賛手紙である「消息」、巻物を切り取った一部である「断簡」などが表装され、掛軸となる。連作となる複数の書画を同じ表装で仕立てたものを「対幅」(ついふく)と呼ぶ。対幅には柿栗図や竜虎図といった双幅、観音などを描いた三幅対、四季を描いた四幅対、12ヶ月を描いた十二幅対などがある。以上を床の間に掛けるものという意味で、「床掛け」ともいう。

関連項目編集