メインメニューを開く

探偵伯爵と僕』(たんていはくしゃくとぼく、His name is Earl)は、森博嗣による日本推理小説

探偵伯爵と僕
His name is Earl
著者 森博嗣
イラスト 山田章博
発行日 2004年4月27日
発行元 講談社
ジャンル 推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六変型
ページ数 354
コード ISBN 4-06-270570-2
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

児童向けレーベル、講談社ミステリーランドから第4回配本として2004年に刊行された。

あらすじ編集

夏休み直前のある日、「僕」は「探偵伯爵」と友達になった。

夏休みには日記を書けと言われていた僕は、お父さんに貰ったお古のワープロで日記を書くことにした。

夏祭りの夜、友達のハリィが行方不明になった。部屋と秘密基地に残されたトランプのエースのカード。カードの意味は? 伯爵は本当は何者? これは、僕と伯爵のひと夏の物語。

登場人物編集

アール (Earl)
「探偵伯爵」。夏でも真っ黒の長袖の背広を着、ネクタイをきっちり締めている。大人から見ると、「黒い服を着て髭を生やした小汚い男」。
馬場 新太(ばば あらた)
「僕」。文章を書いたり考えるのが苦手。夏休み前のある日、学校からの帰り道に通る公園で「探偵伯爵」と知り合う。
チャフラフスカ
アールの秘書。ベンツSクラスに乗っている。いつも白い服を着ている。
原田 隆昌(はらだ たかまさ)
丸い眼鏡をかけた、新太の友達。車に詳しい。ニックネームはハリィ。
善田 茂(ぜんだ しげる)
新太の友達。恐がり。ニックネームはゼンちゃん。
山賀 雅也(やまが まさや)
新太の友達。ニックネームはガマ。
浦山(うらやま)
新太の友達。
北村(きたむら)
子供会の会長。

書籍情報編集