支払手形(しはらいてがた、note payable)とは、掛け取引によって商品を購入した場合における、代金を支払う義務(債務)をいう。本来、このような債務を総称して仕入債務というが、当該債務について手形が存在する場合には支払手形、そうでない場合には買掛金として区別される。

会計上は負債として扱う。

仕訳例編集

仕入先A商店から商品27万円(内消費税2万5千円※10%計算)を仕入れ、同店宛の約束手形を振り出して支払った。

借方 貸方
仕入高     250,000 支払手形 275,000
仮払消費税等   25,000  


仕入先A商店宛に振り出した約束手形27万5千円が本日満期日となり、当座預金から決済したとの連絡を銀行から受けた。

借方 貸方
支払手形   275,000 当座預金 275,000

関連項目編集