メインメニューを開く

放射線と公衆衛生プロジェクト (ほうしゃせんとこうしゅうえいせいプロジェクト、Radiation and Public Health Project ; RPHP)は、1985年に設立されたアメリカ合衆国の独立研究機関[1]

概要編集

低線量放射線公衆衛生との関係の理解に向けて献身する科学者医師によって設立された、非営利の教育的科学的組織である、とされる[2]

メンバー編集

活動編集

  • 1979年スリーマイル島原発事故から2年間で周辺地域の乳児死亡率が47%増加し、事故後25年間で10歳以下の子どものがん死亡率は全国平均よりも30%も高くなっていると報告した[1]
  • 2011年3月の福島第一原発事故直後、ジョセフ・マンガノ事務局長は、ウランを高熱で分裂させる過程で100以上の新たな化学物質ができ、それが大気や食物を通じて健康被害を起こす可能性があると指摘、「これらの物質がいったん人体に入れば、暴れ牛が陶器の店に入るような事態になる。人体で暴れ、正常な細胞を破壊する」と述べた。[4]

脚注編集

外部リンク編集