番組(ばんぐみ)は、元来は演芸放送試合などの組み合わせ、あるいはそれを記したものである。現代番組表に相当する。そこから、番組表を構成する個々のコンテンツの意味に変化した。

昭和初期に東京の寄席での浪曲出演者を伝える番組チラシ。虎造など人気者が複数のトリを務めている。

もともと、狂言の用語として生まれた。現在は放送のコンテンツを意味することが多く、その意味では放送番組とも言う。公営競技競走(レース)のことも番組という(番組表を参照)。

目次

放送番組編集

放送における番組を放送番組という。

日本放送法では第2条第27号に「「放送番組」とは、放送をする事項の種類、内容、分量及び配列をいう」と定義されている。

視聴者による放送番組「実況」文化編集

コンピュータネットワークインターネットの普及と共に、2ちゃんねるなどにある各種実況板電子掲示板)、Twitterなどのソーシャルメディアを利用して、リアルタイムに視聴(聴取)しながらネット上で「実況」を行なう視聴者も少なくない[1]

それに特化したアプリケーションソフトも開発されているほどである[2][3]

出典編集

関連項目編集