散在ガ池森林公園

散在ヶ池から転送)

散在ガ池森林公園(さんざがいけしんりんこうえん)は、神奈川県鎌倉市今泉台にある都市公園(風致公園)である。

散在ガ池森林公園
Sanzagaike 2011autumn.jpg
散在ガ池森林公園・2011年秋
分類 都市公園(風致公園)
所在地
神奈川県鎌倉市今泉台七丁目930-1
面積 12.9ha
運営者 鎌倉市(指定管理者:公益財団法人鎌倉市公園協会)[1]
公式サイト 鎌倉市のサイト

目次

概要編集

灌漑用の人造湖である散在ヶ池(別名:鎌倉湖)を中心として周囲の森林を生かした散策路がある森林公園[2]。面積は12.9ヘクタールである[2]

冬鳥観察のポイントであるほか、鎌倉市北部の丘陵地帯に設置された天園ハイキングコースの出入り口に近くハイキングの起終点である。サクラの名所としても知られる[2]

歴史編集

安政時代、今泉山称名寺が、裏今泉と呼ばれたこの地を所有。江戸時代には大船、岩瀬、今泉の三集落に無償で貸与。その当時は「散在の山」と呼ばれていた。1869年(明治2年)[西暦年要検証]、この地を統轄していた小菅ケ谷(現・横浜市栄区)の総名主の梅澤与次右エ門が、岩瀬、今泉の集落の有志を集めて灌漑ため池を築造した。1957年から1959年にかけて大船土地改良区による堤の改修が行われ、1967年1968年には周囲の宅地化にあわせて調整池としての機能が整備された。その後風致公園として再整備が行われ、1982年6月1日に開園した。

交通編集

脚注編集

  1. ^ 指定管理者制度(鎌倉市)
  2. ^ a b c 散在ガ池森林公園”. 公益財団法人 鎌倉市公園協会. 20161030閲覧。

外部リンク編集