砂押川 (神奈川県)

砂押川 (すなおしがわ)とは、神奈川県鎌倉市今泉今泉台岩瀬大船を流れ、柏尾川と合流する鎌倉市管理の準用河川[1]

砂押川
Gthumb.svg
種別 準用河川
延長 4.5 km
平均流量 -- m³/s
流域面積 3.7 km²
水源 散在ヶ池(鎌倉湖)
水源の標高 -- m
流域 神奈川県鎌倉市
テンプレートを表示

目次

概要編集

鎌倉市の大船地域の東側に位置する川で、大船駅の地下も流れる。川は柏尾川まで続いている。水位は低いが規模に見合わぬ大きさのも生息している。

砂押川の途中には、川の横に桜が植えられている所があり、一部散歩道の砂押川プロムナードも整備されている[2]。植えられている桜は、「ソメイヨシノ」、「カンヒザクラ」、早咲きの「玉縄桜」などが植えられている。

歴史編集

河川地域編集

今泉、今泉台、岩瀬、大船

周辺施設編集

関連項目編集

脚注編集