メインメニューを開く

敬順王(けいじゅんおう、? - 978年5月13日)は新羅第56代国王(在位:927年 - 935年)で最後の新羅王。姓は金、は傅。第46代文聖王の6世孫に当たる。

敬順王 金傅
新羅
第56代国王
King Kyungsoon of Silla.jpg
敬順王御真
王朝 新羅
在位期間 927年 - 935年12月1日
姓・諱 金傅
諡号 敬順王
生年 ?
没年 太平興国3年4月4日
978年5月13日
金孝宗
桂娥太后
后妃 竹房夫人
楽浪公主

927年、後百済王の甄萱により景哀王が殺害された後、敬順王は甄萱により王位に就けられたが、各地に群雄が割拠し、領土が日に日に少なくなると、高麗に国土を譲渡することを決定し、935年高麗に降伏し、妹を太祖の妃に差し出した。

しかし敬順王の太子は高麗への降伏に反対し、金剛山に入って一生を終えた。金剛山で太子は麻の衣を纏い、草食をして暮らしたとされ、麻衣太子と呼ばれている。

高麗の太祖王建は、敬順王に長女・楽浪公主(敬順王は自分がのようだと言って楽浪公主の称号を神鸞公主に変える)を嫁して正承公に封じ、地位は太子の上とした。また慶州を食邑として与え、そこの事審官に任命した。高麗第5代王景宗は、敬順王の娘を妃としている(詳細は高麗王后高麗王を参照)。