整形外科学(せいけいげかがく、英語: orthopaedics)は、人体の関節筋肉等の運動器系を主に診療研究する外科学の一分野。アメリカ合衆国では「orthopedic surgery」とも言われる。場合によりリウマチ学形成外科学などと連携して治療にあたる。

いわゆる「整形手術」は美容外科学の分野であり、整形外科学とは直接関係がない。

目次

歴史編集

1780年にジャン・アンドレ・ベネルが小児の骨格異常を扱う病院を設立したのが最初と言われている。また、オランダ軍医でアンドレ・マチセンが石膏ギプスを行っている。

一般的に整形外科領域は戦争の外傷治療と共に発展してきている。中世では、戦場において創傷部位に馬の血を湿らせたバンドを施し、添え木を行ったりしていた。

腰痛の8割は原因不明で痛み止め処方の実情編集

日本臨床整形外科学会協力のもと、厚生労働省の調査により腰痛の8割は原因不明で痛み止めが有効とされていた、という実情が平成25年3月24日の朝日新聞朝刊の1面にて取り上げられた。(デジタル版見出し:腰痛2800万人 厚労省推計、40~60代は4割悩み 8割原因不明…心の悲鳴かも)また、ストレッチが有効とも記述されている。

治療編集

保存的整復固定術編集

観血的整復固定術編集

   
人工膝関節全置換術 施術後

分野編集

代謝性疾患編集

脊椎疾患編集

 
左上腕骨骨折に対するキルシュナーワイヤーによる経皮的鋼線刺入固定法

手(上肢)編集

足(下肢)編集

外傷編集

 
左第4中手骨に発生した骨巨細胞腫

腫瘍編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集