メインメニューを開く

齋藤太朗

斎藤太朗から転送)

齋藤 太朗(さいとう たかお、1936年 - )は、テレビ番組の元ディレクタープロデューサースーパーバイザー東京都出身。日本テレビエグゼクティブディレクター、日本テレビエンタープライズ(日テレイベンツ)専務などを経て、現在は日テレイベンツが運営する「日テレ学院」において映像クリエイタークラスの講師を務める。成蹊高等学校成蹊大学政治経済学部卒業。

来歴・人物編集

1958年に大学を卒業し日本テレビに入社(実際には大学在学中から日テレでバイトしており、そのまま居ついた格好になったという)。以後音楽・バラエティ番組を中心にディレクターとして数多くの番組を手がけたほか、『カリキュラマシーン』では番組のカリキュラムの説明などを行う「ギニョさん」としてテレビ出演も果たしている。ちなみに「ギニョさん」とは元々齋藤の通称で、由来はまだ齋藤が若手の頃にフロアマネージャーとして働いている様子を見た藤村有弘が「まるでギニョール人形みたいだ」と言ったことから名づけられたという。

萩本欽一が「テレビ業界で信頼の置けるディレクター」は齋藤と常田久仁子フジテレビ千代田企画)の二人だけであると語るなど、タレントからの信頼は非常に厚い。また学生時代から趣味としてジャズを嗜むことから(一時は音楽家を目指したものの、父親の強い反対から断念したとのこと)、同じ成蹊高等学校の先輩であるすぎやまこういちとは高校時代からの古い友人である。

主な担当番組編集

著書編集

  • 『ディレクターにズームイン!!』(日本テレビ)
  • 『親子で歌いつごう 日本の歌』(KOSS2011)