メインメニューを開く

斎藤 常三郎(齋藤 常三郎、さいとう つねさぶろう、1873年明治6年)11月14日 - 1921年大正10年)10月7日[1])は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍少将功四級功三級[2]

斎藤 常三郎
生誕 1873年11月14日
日本の旗 日本 愛知県
死没 (1921-10-07) 1921年10月7日(47歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1895年 - 1921年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―少将.svg 陸軍少将
テンプレートを表示

経歴・人物編集

愛知県出身[1][2]1895年(明治28年)陸軍士官学校第6期卒業[1][2]1901年(明治34年)陸軍大学校第15期を優等で卒業[1][2]

日露戦争に従軍し、大本営参謀などを歴任後、1915年大正4年)2月に陸軍歩兵大佐参謀本部戦史課長、1917年(大正6年)5月に歩兵第80連隊長、1918年(大正7年)7月に陸軍大学校兵学教官、1919年(大正8年)4月に陸軍少将・歩兵第5旅団長を経て、1921年(大正10年)7月に待命[1][2]。同年10月に急逝した[1]

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『日本陸軍将官辞典』323頁。
  2. ^ a b c d e 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』121頁。
  3. ^ 『官報』第5824号「叙任及辞令」1902年12月1日。

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。